2017年07月27日 (木) | Edit |

いつもお世話になっております。
リオネットセンター金沢の宇野と服部です。(^-^)/
暑い日が続きますが皆様お変わりありませんか?
先日いつもお世話になっているお客様より補聴器のご意見を頂戴しましたのでご紹介します。
「私は30代後半から徐々に聞こえが悪くなり、42歳で進行性の感音性難聴と診断されそれ以降25年に渡り補聴器のお世話になっています。健常者の方に比べれば聴力に格段の差がありますが、それでも補聴器をつけて普通に生活を送ってきました。
ところが先日、突然補聴器を紛失してしまい、新しい補聴器を購入しました。
その間数日でしたが補聴器が無い生活を送りました。玄関のチャイムが鳴っても気づかない。電話が鳴っても分からない。テレビは聞こえない。人との会話もスムーズに通じない、等々。
普段、補聴器があるのを当たり前だと気にもせず生活してきましたが、いかに補聴器に頼って生活しているかをおもいしらされました。補聴器が無いと生活の質、クオリティーが格段に落ちます。補聴器は私にとって衣食住に匹敵するくらいの生活必需品になっています。」

とても有難いご意見ありがとうございます。
これからもお客様お一人お一人のお力添えになれるよう精進してまいります。

店頭にキャラクターピクシー君を展示しました。
キャプチャ

皆様のお越しを心よりお待ちしております。(^∇^)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可