2014年08月13日 (水) | Edit |
 刑事コロンボ 第16話『断たれた音』の容疑者エメット・クレイトンはプロのチェス棋士現役チャンピオンです。

 お話は、かつて無敵を誇ったチャンピオンが復帰して挑戦を受ける事になった事に恐怖を覚え、対戦前夜にレストランで一戦を交え敗北。あまりの力の差に落胆して殺害を決意します。
 しかし、前チャンピオンは死亡に至らず殺人未遂に終わります。
 前チャンピオンが正気に戻り証言されるとマズイと考えた容疑者は結局薬に細工を加え殺害してしまいます。
 シリーズでは珍しく、殺人未遂の段階でコロンボが登場。コロンボに付きまとわれながら殺人を決行すという展開に思わず見入ってしまいました。
imagesA53D8WB8.jpg

 この容疑者エメット・クレイトンは難聴者でポケット型補聴器を使用しています。また、取扱いも熟知していて見事に使いこなしています。補聴器販売を営んでいる私は感心するばかりでした。
 
 さて、現在のポケット型補聴器はかなり進歩しています。アナログ式からデジタル式へ移行した事により、雑音の軽減また、細かい調整が可能になりました。加えて、マイク(音を受ける部位)が補聴器本体と耳元に切り替えられるため、耳かけ型補聴器の装用性とポケット型補聴器の操作性を兼備えた優れものです。
 
HD-32_01.jpg

 ご興味のある方は、お近くのリオネットセンターにお問い合わせください。試聴器をご用意してございます。日常生活でご体験いただけますので、心よりご連絡をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可