FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月23日 (土) | Edit |
まだまだ残暑が続く毎日ですが、皆さま体調は崩されていないでしょうか。

さて、今回は自動車を運転される方には、ぜひとも覚えておいていただきたい知識をお知らせします。

早速ですが、このマークはご存じですか??

聴覚障害者標識

チョウ?花?
いえいえ、正解は…「聴覚障害者標識(マーク)」と言います。

平成24年4月1日から聴覚障害がある人(補聴器を用いても10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえない人)が運転できる自動車などの種類が拡大されました。その中で、普通乗用車の他、普通貨物自動車を運転するときには、自動車の前と後ろの定められた位置に、聴覚障害者標識の表示が必要になります。また、普通自動車の運転には、特定後写鏡(ワイドミラー又は補助ミラー)を取り付けることが条件となっております。

初めて運転免許を取得される方は、当然勉強される事になりますが、免許更新の方も更新時講習の際にお話しは聞いている事と思います。講習のテキストにも載っているはずです。ちなみに、このマークは2009年からあります。

自動車に付ける標識(マーク)で、初心者マーク、高齢運転者マークを知らない人はいないと思いますが、聴覚障害者マークもぜひ覚えておいてくださいね。

また、自動車を運転する際には、マークのあるなしに関わらず、周囲に目を配り、安全運転を心がける事は大前提ですが、もし、聴覚障害者マークが付いている車を見かけたら以下の点には気を付けてください。

※進路変更時や危ないと思った瞬間に、警音器(クラクション)を鳴らしても、あなたの車の存在に気付かない可能性があります。

せっかくなので、身体障害者マークも覚えておいてくださいね。

身体障害者マーク

仕事に休日のドライブに、様々な場面で車を運転される皆さま、くれぐれも安全運転で!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。