FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年08月05日 (水) | Edit |
こんにちは、リオネットセンター高岡です。
今回は、「補聴器」と「集音器」の違いについてお伝えいたします。

皆様は、見た目は補聴器のような形状をしていても、正確には補聴器ではない製品が
あることを ご存知でしょうか。

「集音器」、「助聴器」、「音声増幅器」などと呼ばれている製品です。
これらの製品は、形状や価格もさまざまなタイプが発売されており,新聞の通信販売の広告などで見かけることもあると思いますが、
一般的に補聴器についての情報が少なく、補聴器についての正しい知識がない為、 「補聴器」と「集音器」の違いについて知っている方は少ないと思います。

補聴器という名称で販売されている製品は、補聴器メーカーが厚生労働省に申請し、
厚生労働省から、正式に医療機器として認定されたものだけです。
補聴器は薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、
効果や安全性などについて 一定の基準をクリアする必要があり、個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ 製造販売はできないことになっています。

管理医療機器である補聴器は、厳しい制約や条件の下で製造、販売されているので、
集音器や助聴器は医療機器でないため、製造や販売をする上での制約はありません。
また、難聴の人を前提としたさまざまな機能が搭載されていない場合が多いようです。
医療機器である補聴器は、効果や安全性、信頼性が確立されているのかと思います。

私達リオネットセンターは、耳鼻咽喉科医との連携の下、お客様一人一人に合った
補聴器選びをお手伝いしていきたいと考えております。
聞こえにお困りの方は、一度リオネットセンター各店にご相談下さい。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。